営業部門お仕事紹介・社員の声|日本トータルテレマーケティング

営業部門:お仕事紹介

ソリューション営業

アウトソーシングの企画営業

お任せするのは、行政や各種企業に対してご提供する、様々なアウトソーシングサービスの企画営業です。

弊社では、コールセンターの運営、事務処理、お客さまの声の集積や分析など、多彩なアウトソーシングサービスの運営を行っています。その中の、どのサービスをどのように使うのかを、クライアント企業のご要望に合わせて企画・提案を行います。

既にあるモノやサービスを『そのまま売る』のではなく、あなたのアイディアでサービス全体を組み立てることで、クライアント企業のビジネスに貢献できるお仕事です。
クライアント企業から「あなたに担当してもらえてよかった」とおっしゃっていただけるだけでなく、「自分の力でクライアント企業の業績を上げることができた」と胸を張って言える。
そんな『営業』のお仕事を、あなたも手がけてみませんか?

【ワークライフバランスを保てる環境】

「年間休日129日(※2019年実績)」、「土日祝休みの完全週休二日制」、「リフレッシュ休暇あり(9日間付与 ※規程あり)」など、休日もしっかり取れる環境です。
残業も月30時間程度。ワークライフバランスを保ちながら働けます。

【需要多数・今後も拡大見込み!】

自社保有の拠点や物流倉庫、豊富な取引実績などが認められ、幅広い業界の大企業や官公庁の業務を受注しています。

「問い合わせ窓口を外部委託して、事業のコア業務に集中したい」「通販サイトを始めたい」「どうすれば顧客満足度が向上するのか分からない」など、クライアント企業の困りごとや、新しく始めたいことは業界問わず多くあります。
その課題を、自社のサービスとあなたのアイディアで解決に導く、やりがいのあるお仕事です。

コールセンターだけではなく、WEBマーケティング、eコマースのサポート、AIを利用したシステムの構築など、新しい分野のサービスのご利用も伸び続けています。今後も対応業界を広げ、事業の拡大を目指しています。

求人をみる

営業部門のキャリアパス

学び続ける姿勢が大切です

多様な業界のクライアントへ提案するチカラをつけるには、提供できるサービスと業界の研究が欠かせません。営業部門内でも得意分野が分かれており、案件によって社内協力・連携も大切な仕事のひとつです。
それらを経営視点からもまとめられるようになれば、ステップアップは目の前です。

  1. スタッフ

    個々の売上目標を達成するために、個人もしくは複数名で協力して取り組みます。
    社内のリソースやサービスを組み合わせて、クライアント企業のニーズに沿ったソリューションを企画提案します。

  2. マネージャー

    グループマネージャーの補佐的役割です。

  3. グループマネージャー

    複数の営業職スタッフで構成される「グループ」を統括します。

求人をみる

営業部門:社員の声

自分のインサイトは「ソリューション営業」だった

(男性、33歳、営業部門、銀行や飲食業からの転職)

「幅広いソリューションを提案」したくて選んだ日本トータルテレマーケティング

転職のきっかけは、個人的なライフプランとして結婚をしようと思ったのが一番大きな理由です。
元々地方銀行で働いていたのですが、そこを退職後は音楽の仕事をしたり、飲食業やコールセンターのお仕事をしたりしていました。コールセンターではインサイドセールスを担当していて、そのお仕事を通して自分は人と接したりソリューションを提供することに喜びを感じるタイプだなと感じていました。
そこから、ソリューション提案型の営業職を中心に転職活動をしようと考えたんです。

以前のインサイドセールスだと対象の業界がある程度決まっていたのですが、そうではなくて幅広いお客様の課題に合わせて「弊社ならこういう点でお手伝いができます」と多様なご提案ができるソリューション営業をやりたかったんですね。
ちょうど、日本トータルテレマーケティングが金融業界に力を入れようとしていた時期に、自分の過去の職歴・専門知識に興味を持ってもらえて入社することになりました。

お客様との信頼関係構築で大切にしていること

一番大切なのは「お客様に興味をもつこと」かな、と思います。
クライアント企業様に対しても、ご担当者様に対しても、つとめて興味をもつこと。

例えば、商談中に相手の方が何気なくおっしゃった言葉から、当社でできるソリューションの情報をお持ちしたところ「よく覚えてたね!」と言われて嬉しかったことがありました。そういうところから信頼関係は築かれていくのではないかなと思います。

そもそも、「相手のことをきちんと知らないと受注できない」のがソリューション営業というものです。
他の営業さんもみなさん似た感じなのですが、お客様のことをしっかり理解して、「御社に対してコールセンターで何ができるのか」を提案しないと、結局「コールセンターを開設したけど、あんまり効果が無かったね」と言われて課題解決できないのなら、受注はできても意味がないと思います。その目線は絶対に必要です。

色んな業界に接したい・知りたいと思って、学び続けられる姿勢

未経験の方の場合は「常に自分で勉強をし続けられる」ことが大切だと思います。
この仕事はごく基本的なところでも専門用語が飛び交うお仕事です。未経験者の私は分からない言葉の単語帳を作って自分で勉強しましたが、そういった工夫も必要だと思います。
また、クライアント企業様の業界も多種多様ですのでそういった「業界勉強」も必要ですね。会社が業界誌を定期購読してくれているので、それを読み込むなど常にアンテナを張っておく必要があります。

実務は、先輩方の商談に同行させていただいて少しずつ案件を受け持ちながら業界のことやシステムのことを「勉強する」というスタイルです。分からないことは全て先輩から教わります。
中途採用の方なら「分からないことはすぐに質問できる」スタンスが大事かなと思います。

「テレマーケティング業界」と聞くと一般的な生活には馴染みのない業界と思われるかもしれないですが、官公庁を含めて世の中のほぼすべての業種に対してアプローチのチャンスがあります。
広く色んな業種に接したい・知りたいと思う方は楽しいと思いますので、ぜひ応募してみていただきたいですね。