システム部門お仕事紹介・社員の声|日本トータルテレマーケティング

システム部門:お仕事紹介

社内ヘルプデスク

当社の社内メンバーからの問い合わせや依頼に対応するヘルプデスクをご担当頂きます。

業務の効率化、顧客満足度の向上がますます求められる昨今アウトソーシングサービスの需要は業種問わず高まっています。
弊社は1994年のコールセンター事業スタート以降、多くの企業のビジネスパートナーとして実績を上げています。
自社保有の拠点や物流倉庫、豊富な取引実績などが認められ、幅広い業界の大企業や官公庁の業務なども受注しています。

今回は体制強化のための増員募集です。ヘルプデスク、もしくはそれに準ずる職務の経験者であれば前職の業界は問いません。対応業界を広げることで事業拡大を目指していますので、様々な業界で経験を積んだ方を広く採用する予定です。
経験を生かしてスキルアップしたい方、お待ちしております。

■業務内容

ベンダー企業担当者とのやり取り・PC等IT機器のキッティングや設置、システムに関する質問や問題の解決等
※パソコンの入れ替えや保守業務、運用ブース構築等で出張いただくこともございます。
(状況によりますが月1~2回程度を想定)

■必須条件

ヘルプデスク、もしくはそれに準ずる職務を1年以上経験していること(複数あれば尚良し)

■歓迎条件

・サーバー保守経験者
・IT系資格保有者(ITパスポート、ネットワークスペシャリスト、基本情報技術者など)
・高校、大学にて情報工学を学ばれた方

求人をみる

システム部門のキャリアパス

業務効率化で会社の成長を支える

企業規模の拡大期には、過去のやり方では通用しなくなるフェーズが発生します。
常に変化と拡大を続ける当社の、そのスピードを失速させないために、社内の業務効率化に取り組んでいただきます。
上流から下流まで関与できる環境は、大変な部分もありますが全体を見渡してプロジェクトを進める力が身につきます。

  1. スタッフ

    ヘルプデスクの運用や運用現場の環境整備などを担当します。運用部門の業務を理解し・寄り添い、最適な対応の仕組みを構築します。

  2. マネージャー

    グループマネージャーの補佐的役割です。

  3. グループマネージャー

    複数のスタッフで構成される「グループ」を統括します。

求人をみる

システム部門:社員の声

大きな裁量を任され仕事の幅が広がり、システム部門のマネージャーへ

(44歳、男性、システム部門、同業他社からの転職)

自分の仕事の幅を拡げたくて転職を決意

前職は大手だったので、運用の形が出来上がっていて自分の裁量権が少なく、新しいことを導入しようとしても過去の経緯を覆すことが難しい状況でした。
自身がもうすぐ45歳を迎えるにあたり、これまでのスタイルを「反転」するくらいに自分の仕事の幅を拡げてみたいと思って、転職することにしたんです。

日本トータルテレマーケティングに入社して、「自分で何かひとつの仕事を成し遂げる」満足感を感じています。
例えば仕事の進め方ひとつとっても、前職と違い今は業者さんと直接相談ができますし、担当できる仕事の範囲も広くなりました。その分責任は重くなりましたが、それを不安に思うのではなく、慎重に進めていこうという思いで身が引き締まりますね。

入社後、1年と少しでマネージャーとして活躍

私が担当したのは、新しく社内問い合わせの一次受付窓口を作り、フォロー体制も整えたプロジェクトです。

これまで当社では、会社の中で何か困ったことが起きたら「開発」か「ヘルプデスク」に問い合わせが入っていました。しかしこれでは、問い合わせが入る度に開発の手を止めてしまいます。そこが問題視されていました。

そこで、すべての問い合わせの一次受付としての「ITサポートデスク」を作り、ここで問題の切り分けを行うことにしたんです。対応できないことは適切にエスカレーションする体制も作りました。この体制を整えたことで開発は手を取られることがなくなり、本来の業務に専念できるようになったんです。

ゆくゆくは、この仕組みを他の企業様に対してもBPOできればいいなと思っています。

目の前のユーザーの先に居る「お客様」を想像することの大切さ

今回私たちが手掛けたプロジェクトは全体の潤滑油的な存在で、いろんなものごとの間で「役に立っている」という実感があります。この「実感」というのも、実は想像力が必要なものだと私は思っているんですね。

例えば、私たちITサポートデスクの直接の「ユーザー」は社内のスタッフですが、その先には必ずお客様がいらっしゃいます。このお客様は目の前にいる訳ではないのでなかなか想像しにくいのですが、ここをちゃんと意識して仕事をしようというのをチームで掲げています。その視座を大切にして進んでいく必要があると思っているんです。

これから仲間になる人にとっては、「業務量は多いけれど、ある程度の裁量があって上流から下流まで全部関与できることがやりがいにも繋がるよ」と伝えたいですね。

私の部門では、業務の性格上どうしても研修が必要ですのでそれを整えたり、マンツーマンで「一緒に仕事をする」体制を整えたりしました。中途で入社された方でもスムーズに実務についていただけると思うのでご安心ください。
博報堂グループになって色々な仕事が生まれていますし、チャンスはたくさんあるので、一緒に会社を盛り上げていきましょう。